2013年11月20日

11月19日 WBA世界バンタム級タイトルマッチ

11月19日


WBA世界バンタム級タイトルマッチ
亀田興毅 12回判定(2−1) 孫正五(韓)


管理人の採点では、115−112で興毅選手の勝利。ペン

全体的には的確にパンチを当てていた興毅選手ですが、孫選手の攻勢に押された見栄えの悪いラウンドも多かったです。
判定結果発表の前にテレビ中継が終わってしまい、アウェーということもあってもしものことがあったら嫌だなあとどきどきしながらニュースを見たところ、興毅選手の勝利ということでまずは一安心。
ペースを握りながらも相手の攻勢を許してしまうのは、前々からの課題である手数の少なさ故でしょう。
連打したらサイドに回りこみ、再び連打につなげる波状攻撃ができないところに、興毅選手が世界戦で苦戦が続いている原因が凝縮されているように思います。
足を使いながら手を出すことがなかなかできない、ワンパンチを当てた後に止まってしまい、いまひとつポイントを明確に取りきれないことに、フラストレーションが溜まってしまいます。
世界戦でそうそう思いどおりに戦うことはできないでしょうが、期待しているからこその苦言ということでご容赦ください。

孫選手は、ボディも顔面もまともに打たれる場面が多く、ダメージは相当あったと思いますが、一発でも当てると元気が盛り返ってくる感じで、持てる力を振り絞って攻めきりました。
決定的なパンチは当てることができず、あと一歩で勝利を逃しましたが、内容は僅差でしたし、再戦を見たいと思わせる力強い戦いぶりでしたね。
相手をロープに追い詰めてラッシュを繰り返す典型的なコリアンファイターで、管理人好みの無骨なスタイルです。

現在のバンタム級には、日本人の世界王者が3人います。グッド(上向き矢印)
統一戦を見たいと思っているファンは大勢いるはずで、管理人ももちろんその1人。
いろいろなタイプの選手と戦ってしぶとく勝ち上がる興毅選手、華々しく倒すボクシングを見せる山中選手、スピードスター和毅選手と、それぞれ素晴らしい王者達が今後どのような絡みを見せるのか、本当に楽しみですね。るんるん
まあ、亀田兄弟同士の対決はないでしょうけど。

posted by ティト at 02:32| 岩手 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

9月11日 ダブル世界タイトルマッチ

9月3日


WBA世界L・フライ級タイトルマッチ
井岡一翔 7回KO クワンタイ・シスモーゼン(タイ)


ところどころ強いパンチをもらってしまう場面は見られたものの、概ね完勝と言ってもいいでしょう。パンチ
出てくる相手を迎え撃って倒すスタイルが現代ボクシングのトレンドですが、今の日本で、世界戦の中で自分から試合を組み立ててKOまでもっていける選手は、内山高志選手と、この井岡選手が双璧であると管理人は思っています。
世界戦で、相手に力を出させたうえで叩き潰すような試合を見せられる圧倒的な実力に脱帽です。演劇
誰が見ても強いと感じる王者でしょう。グッド(上向き矢印)
どこまで高みへ向かっていくのか、今後の動向から目を離せません。モータースポーツ


宮崎亮選手が防衛に成功したWBA世界ミニマム級タイトルマッチは、管理人がテレビをつけた時にはすでに8回が終了していたこともあり、コメントなしとさせてください。あせあせ(飛び散る汗)

posted by ティト at 23:30| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

9月3日 IBF世界S・フライ級タイトルマッチ

9月3日


IBF世界S・フライ級タイトルマッチ
亀田大毅 12回判定(3−0) ロドリコ・ゲレロ(メキシコ)


管理人の採点は、115−112で大毅選手の勝利。ペン
オフィシャルの採点では大差がつきましたが、内容的には拮抗した試合だったと思います。
アウトボクシング優位となっている現代ボクシング採点の傾向を考えて戦った大毅選手に軍配が上がりました。ひらめき

大毅選手は、前がかりになるとボディワークが使えなくなる欠点があることから、今回は徹底的にアウトボクシングに徹しましたね。くつ
相手のパンチをことごとく外し、隙をついてコンパクトなパンチを当てる戦術が見て取れました。
ただし、パンチを受けない変わりに、手数が極端に少なく、明確にラウンドを取る訴求力は物足りませんでした。
管理人も、毎ラウンド悩みながら採点していましたし、判定結果を聞くまで、大毅選手が間違いなく勝ったと自信を持って見守ることができずにドキドキしていました。
ディフェンス技術の向上は頼もしいですが、今後はもっと手数を出し、明確にポイントを取れる安定感のあるボクシングを目指してもらいたいと思います。グッド(上向き矢印)
苦労してつかんだ二階級制覇。手(チョキ)
ますますの活躍を期待しています。演劇

ゲレロ選手は、ラッキーと思える相手の減点2点をもらいましたが、最後までペースを握ることができずに試合が終わってしまいました。
大毅選手が前に出てくるだろうと思い込んだまま、待ってしまったのが敗因でしょう。

posted by ティト at 02:01| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

8月1日 WBO世界バンタム級タイトルマッチ

8月1日


WBA世界バンタム級タイトルマッチ
亀田和毅 12回判定(3−0) パウルス・アンブンダ(ナミビア)


この大事な試合のテレビ中継のことを管理人はすっかり忘れ、たまたまチャンネルを回して気づいたときは、すでに4ラウンドが経過していました。もうやだ〜(悲しい顔)
5ラウンド以降の採点としては、和毅選手の取ったラウンドが6つで、アンブンダ選手が2つ。
4ラウンドまでアンブンダ選手がすべて取ったとしても、和毅選手の負けはないだろうと思いながら判定結果を待っていました。
結果は、和毅選手の勝利で管理人も大喜び。わーい(嬉しい顔)

中途半端にしか試合を見ていないため、感想は手短になります。

和毅選手ですが、本当に素晴らしい選手です。
スピード、手数、カウンターを当てる勘、ディフェンスなど、すべてが世界トップレベル。
何拍子も揃ったボクサーですね。
アンブンダ選手も、攻防兼備の強い王者でしたが、和毅選手を守勢に回らせる場面を作ることはできませんでした。

率直に、新王者は、日本の歴代バンタム級で最高レベルのポテンシャルの持ち主だと感じました。グッド(上向き矢印)
亀田家の2人の兄と比べ、この選手のボディワークの良さは出色ですね。

まだ22歳とは末恐ろしい。ドコモポイント
必ずや世界で高く評価されるスーパーチャンプとなることでしょう。位置情報

posted by ティト at 23:17| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

7月23日 WBA世界バンタム級タイトルマッチ

7月23日


WBA世界バンタム級タイトルマッチ
亀田興毅 12回判定(3−0) ジョン・マーク・アポリナリオ(比)


管理人の採点では、117−109で興毅選手の勝利。ペン

アポリナリオ選手のエスケープ姿勢が強く、激しい打ち合いにはなりませんでした。
前がかりになってしまった興毅選手と、ひたすらバックステップを刻み続けたアポリナリオ選手の追いかけっこになっていまい、いまひとつ噛み合わない試合となってしまいましたね。ダッシュ(走り出すさま)
そんな展開の中で、2度のダウンを奪った興毅選手の出来は及第点でしょう。
ただし、相変わらず手数が少ない。
結果は大差となったものの、各ラウンドは僅差だったように思います。
一歩間違えば、逆の採点結果になってもおかしくないと感じました。
相手のガードの上を叩いてもいいので、もっと手数を出せれば、安心して見ていられるのですが。

興毅選手には、明確にポイントを取るボクシングを今後の課題とし、さらなる高みに駆け上っていただきたいですね。グッド(上向き矢印)

posted by ティト at 23:27| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

5月8日 ダブル世界タイトルマッチ

5月8日


WBA世界L・フライ級タイトルマッチ
井岡一翔 9回KO ヴィサヌ・ゴーキャットジム(タイ)


本当に強い。手(グー)
攻めてよし、守ってよし。
文句のつけようのない勝利です。手(チョキ)
管理人の採点では、KOするまでフルマークでした。ペン

ヴィサヌ選手も相当な強者で、伸びるパンチや柔らかいボディワークは素晴らしかったです。
井岡選手以外で、ここまで差をつけてヴィサヌ選手に勝てる選手はいないかもしれません。

カウンター狙いの待ちのボクシングでKOを狙う選手が多い中、井岡選手は、自分から試合を組み立てててKOできる希少な実力者です。
人気が出るのも当然でしょう。ぴかぴか(新しい)
ここからさらにどのような伝説を作っていくのか、わくわくしながら追いかけたいですね。位置情報



WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
宮崎亮 5回TKO カルロス・ベラルデ(メキシコ)


唐突なKO決着。パンチ
一瞬で勝負が決まってしまうボクシングの醍醐味を堪能できた一戦ですね。グッド(上向き矢印)

管理人の採点では、4回までで39−37でベラルデ選手がリード。
ボディの叩き合いに付き合うのは分が悪いかなあと思っていました。
5回に入り、宮崎選手が足を使ってリズムに乗り出し、パンチもスムーズで鋭くなってきたところでの強烈な左フックのカウンターが炸裂。どんっ(衝撃)
絵に描いたような一発KOでしたね。アート

ボクシングの組み立てという点では課題が残りましたが、終わりよければすべてよしといった感じで、とにかく爽快感のある試合でした。
宮崎選手の本領発揮は、次戦で見せてもらいましょう。右斜め上

posted by ティト at 22:49| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

4月8日 トリプル世界タイトルマッチ

4月8日


WBC世界バンタム級タイトルマッチ
山中慎介 12回TKO マルコム・ツニャカオ(比)


なるべくリスクを犯さない、細心のボクシングを展開しつつ、最後にKOで決める理想的な展開での王座防衛となりました。位置情報

山中選手は、長いジャブを主体に、時折強烈な左ストレートを交えるスタイルで、距離をキープしつつポイントを積み重ねていきました。
この選手の良いところは、非常に冷静で深追いしないところ。ペン
確実に仕留められる場面以外は、がむしゃらに前に出て相手のお返しをもらうような戦い方は選択しません。
微差のラウンドを制してポイントを積み重ねられる確実性の高さが光ります。
まずポイントで先制し、焦って前に出てくる相手から確実にヒットを奪うスタイルでKOを量産するわけですから、対戦相手からすると本当にやりにくい難攻不落の王者でしょう。手(パー)

これからもこのスタイルで戦っていけばよいと思いますが、ポイントを先行される展開からの戦い方にも興味があります。
山中選手を追いつめられる選手が世界に何人いるのか、興味は尽きません。
個人的に、亀田兄弟との激突を見たいです。



WBC世界フライ級タイトルマッチ
八重樫東 12回判定(3−0) 五十嵐俊幸


日本人好みの壮絶な打ち合い。爆弾
飛び級で階級を上げてきた八重樫選手が、意外にもパワーで打ち勝って大差の判定をモノにしました。
管理人の採点では、116−109で八重樫選手の勝利。
派手なワンパンチに加え、手数でも八重樫選手が上回っていました。

五十嵐選手は、序盤からの目の上の出血の影響か、体格のアドバンテージを生かすための距離感がいまひとつで、ショートレンジでの打ち合いに巻き込まれてしまったのが誤算でしょう。

岩手県人の管理人は、申し訳ないと思いつつ、同郷の八重樫選手を応援していました。モータースポーツ
岩手県人初の世界王者である八重樫選手は、岩手県人初の2階級制覇王者となりました。手(チョキ)
同県人として本当に誇らしいです。ぴかぴか(新しい)
3階級制覇も視野に入りましたね。



WBC世界S・フェザー級タイトルマッチ
三浦隆司 8回TKO ガマリエル・ディアス(メキシコ)


三浦選手のパワーと、ディアス選手のテクニックの競演は、パワーがテクニックをねじ伏せる結果となりました。パンチ

立ち上がり、三浦選手のハードパンチを巧みにいなし、こつこつと当ててくるディアス選手のうまさが目立つ展開。
三浦選手の減点もあり、この試合は厳しい戦いになりそうだと思いましたが、2回からボンバーレフトがヒットし始め、一気に押せ押せムードに。グッド(上向き矢印)
一発ヒットするたびに効いたそぶりを見せるディアス選手は、どんどんじり貧になり、中盤からは防戦一方。
ついに8回、思い切り踏み込んだ三浦選手の左ストレートがクリーンヒットすると、ディアス選手はもんどりうってダウン。ダッシュ(走り出すさま)
そのまま試合終了となりました。

これぞまさにスカッとする勝ち方。
今後もこういう戦いで勝利を積み重ねていけば、ファンの人気もますます上がっていくでしょう。右斜め上
WBA王者内山高志選手との統一戦をぜひ見てみたいです。

posted by ティト at 23:23| 岩手 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

4月7日 WBA世界バンタム級タイトルマッチ

4月7日


WBA世界バンタム級タイトルマッチ
亀田興毅 12回判定(2−1) パノムルンレック・カイヤンハーダオジム(タイ)


管理人の採点は、116−112でパノムルンレック選手の勝利。
正直、興毅選手にとって幸運ともいえる薄氷の勝利だったように感じました。あせあせ(飛び散る汗)

立ち上がり、相手の様子を見ながらカウンターを合わせるタイミングを探る興毅選手の調子は悪くないと思いましたが、2回にパノムルンレック選手の左アッパーを立て続けにまともにもらってから一気に失速。
足も上体も動かなくなり、右ジャブを安易にもらってしまう展開でポイントをどんどん失っていきました(管理人の採点では)。
ガードの間から何度も左アッパーをヒットされる場面も非常に目立ちましたね。
ダメージは相当あったと思います。
それでも、中盤から後半にかけ、単発のボディをヒットさせて攻勢をとる場面があり、これがオフィシャルの採点で勝利を引き寄せたのだと思います。
唯一の敗北を喫したポンサクレック選手との試合以来の苦しい戦いだったと思いますし、興毅選手自身も不本意な内容を自覚しているようです。

ファンだけではなく、本人もこれで決着がついたとは思っていないはず。
再戦は必至でしょう。ダッシュ(走り出すさま)

posted by ティト at 23:57| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

12月31日 トリプル世界タイトルマッチ

12月31日


WBA世界S・フェザー級タイトルマッチ
内山高志 8回TKO ブライアン・バスケス(コスタリカ)


KOダイナマイトの異名を持つ内山選手の強打が炸裂。パンチ
正確なジャブでペースを握り、左ボディで相手を弱らせ、右ストレートで仕留める理想的な展開で勝負を決めました。
強敵を相手にしても力の差を見せつけましたね。
パンチを一発当てるたびに相手のライフポイントを削っていくボクシングゲームを見ているような感じがしました。
日本が世界に誇れる名王者と呼べる域に到達しているように思います。位置情報
ボクシング界で、内山選手がこれからさらにどんな足跡を残していくのか非常に楽しみです。
個人的には、ラスベガスでのビッグマッチ実現を待望します。ぴかぴか(新しい)


WBC世界S・フライ級タイトルマッチ
佐藤洋太 12回判定(3−0) 赤穂亮


管理人の採点は、117−111で佐藤選手の勝利。ペン

佐藤選手は、打たせずに打つボクシングの真骨頂を見せましたね。
管理人が見たかぎり、クリーンヒットは1発も許しませんでした。ダッシュ(走り出すさま)
フットワーク良し、ボディワーク良し、ディフェンス勘良し。グッド(上向き矢印)
上記元々の長所に加え、王座奪取以降、パンチ力のアップは著しいです。
間断なく繰り出すジャブとストレートに威力がありますし、迎え撃つフックとアッパーも強烈です。
相手からすると、接近戦を挑もうにも、安易には近づいていけないでしょう。
ポイントを取りに行く要所での連打も効果的。
何拍子も揃った王者に成長していますね。手(チョキ)
この王座を攻略するのは容易ではないと思います。
岩手県人の管理人としても、同郷の王者の成長は非常に嬉しいです。わーい(嬉しい顔)

赤穂選手は、見るからに強烈なパンチを振り回してきましたが、最後までクリーンヒットを奪えずに試合が終わってしまいました。
ブルンブルン振り回す好戦的なスタイルは、昔の日本人が好むスタイルでしょう。
しかし、当たればKOという不確実な戦法は、現代ボクシングではなかなか通用しなくなっています。
KOを狙うにしても、ポイントを取れなければ、相手に余裕を持たれてしまいます。
今回は、ペースを握るための手数が絶対的に不足していました。
戦力的には十分世界王者の器です。
今後の進化を大いに期待します。


WBA世界S・フライ級タイトルマッチ
河野公平 4回KO テーパリット・ゴーキャットジム(タイ)


見事なKO勝利。手(グー)
河野選手は、足も上体もよく動いていましたし、常に先手先手で打っていきました。
手数の多いテーパリット選手に対し、打ち合いで打ち負けない堂々とした戦いぶりでしたね。
全身に力が漲っていましたし、調子の良さがうかがわれました。
3度目の正直での見事な戴冠劇。
苦労した分、長期政権を期待します。


だいぶタイミング遅れの更新になってしまいました。あせあせ(飛び散る汗)

posted by ティト at 20:05| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

12月31日 ダブル世界タイトルマッチ(大阪)

12月31日


WBA世界L・フライ級タイトルマッチ
井岡一翔 6回TKO ホセ・ロドリゲス(メキシコ)


ほぼ完璧な勝利と言ってもいいでしょう。グッド(上向き矢印)

ボディでも顔面でもダメージを与え、完膚なきまでに叩き潰したような完勝でした。
シャープな左ジャブを間断なく繰り出し、多彩なコンビネーションで攻め込み、着実に相手の戦力と戦意を奪っていきました。
何より、カウンター狙いの待ちのボクシングではなく、自分から試合を組み立てたうえでのKO勝利は本当にお見事。
23歳にして、心技体の充実ぶりには目を見張るものがあります。ぴかぴか(新しい)
スーパーチャンプへの道を確かに歩んでいますね。
階級が上がり、パワーも大きく増している感じです。パンチ
素晴らしいパフォーマンスをファンに見せつけ、今年を締めくくってくれましたね。手(チョキ)
来年は、同級スーパー王者のローマン・ゴンザレス選手とのビッグマッチを期待します。イベント



WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
宮崎亮 12回判定(2−1) ポンサワン・ポープラムック(タイ)


管理人の採点は、114−113で宮崎選手の勝利。
要所で有効打をまとめた宮崎選手が、紙一重のポイント掴み取りましたね。

フットワークとスウェーを駆使する洗練された宮崎選手のスタイルですが、愚直に前に出て手数を繰り出すポンサワン選手の攻勢を持て余す場面が目立ちました。
30年前の日本式採点であれば、逆にポンサワン選手の勝利になっていたと思います。
機敏なフットワークを、バックステップに使うだけでなく、打つときの爆発力に生かせられるようになれば、確実にポイントを取れるようになりますし、KOも増えてくるはずです。
センス抜群の選手ですので、来年の防衛戦での成長ぶりに注目ですね。るんるん


上記と同日に行われたトリプル世界タイトルマッチは、管理人の地元岩手では明日深夜のテレビ放送になります。TV
田舎暮らしはつらい・・・。バッド(下向き矢印)
情報をシャットアウトし、ビデオ観戦しようと思っています。音楽

posted by ティト at 23:06| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。