2006年11月14日

長谷川穂積、イーグル京和 ダブルタイトルマッチ 

長谷川、イーグル 防衛成功ぴかぴか(新しい)


WBC世界バンタム級タイトルマッチ
長谷川穂積−ヘナロ・ガルシア 12回判定(3−0)

WBC世界ミニマム級タイトルマッチ
イーグル京和−ロレンソ・トレホ 12回判定(3−0)


両王者とも薄氷を踏む思いながらもしっかりと防衛で管理人も満足。わーい(嬉しい顔)

長谷川選手の試合はテレビでフル放映。TV
序盤は快調に飛ばしていた長谷川選手だったが、中盤以降はガルシア選手の頑強な抵抗に後手を踏み、終わってみると接戦。
前半の貯金を生かして何とか逃げ切ったという内容だろう。
ちなみに管理人の採点は114−113で長谷川選手の勝利。右斜め上
管理人は旺盛な手数で攻めたガルシア選手に好意的にポイントを割り振ったため、オフィシャルの採点よりは競った採点となった。
ガルシア選手はかつて辰吉丈一郎選手を苦しめたビクトル・ラバナレスを髣髴とさせるしつこくアグレッシブなタフファイターで、長谷川選手もそのしつこさに辟易していた感じ。
まあとにもかくにも勝ちは勝ち。
ダウンを2度取れたのが大きかった。
長谷川選手は今回はやや受けにまわってしまったのが苦戦の原因だろう。
ジャブが少なく、ガルシア選手の突進を簡単に許してしまった印象。
世界には色んなタイプの選手がいるだけに、もっと手数を出して微差のラウンドを確実に取れれば試合の組み立ても楽になるだろう。
あとはボディワークで相手のパンチをもっと殺すべき。
バッティングを受けない工夫もしてもらいたい。
顔のポジションが前に出たまま動いていないのが少し気になった。
なんだかんだ要求してしまったが、学習能力の高い長谷川選手だけにまだまだ成長してくれるはず。
海外でのビッグマッチを狙っているという長谷川選手に今後も注目だ。るんるん

イーグル選手の試合はダイジェストでしか見ていないので詳しい内容については何とも言えないが、ジャッジ3人ともに1点差という大接戦で、ダウン応酬の相当なタフファイトだったようだ。
イーグル選手には次戦で我が岩手の星、八重樫東選手の挑戦を是非受けてもらいたいところだ。わーい(嬉しい顔)
posted by ティト at 01:51| 岩手 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

亀田興毅−ファン・ランダエタ

亀田興毅 歓喜の王座獲得ぴかぴか(新しい)


8月2日、WBA世界L・フライ級王座決定戦が行われ、WBA世界L・フライ級2位:亀田興毅が、WBA世界L・フライ級1位:ファン・ランダエタを12回判定に下し、見事新チャンピオンに輝いた。位置情報
この王座決定戦は、前WBA世界L・フライ級王者:ロベルト・バスケスの王座返上に伴って行われたもの。


この試合は亀田選手にとって非常に厳しい戦いだったと思う。
結果は2−1のスプリットデシジョン。
薄氷を踏む思いの勝利だったろう。あせあせ(飛び散る汗)
やはり世界は甘くはない。exclamation×2

ラスベガスのビッグマッチさながらの試合前の華やかな雰囲気。ひらめき
世界的なリングアナウンサーであるジミー・レノン・Jrのアナウンスがより一層場を盛り上げる。グッド(上向き矢印)
最高潮に会場が盛り上がった中でゴングが鳴った。演劇
立ち上がりは上々の滑り出しを見せた亀田選手だったが、初回終了間際にランダエタ選手の右がまともにヒットして亀田選手がダウン。波乱の幕開けとなった。がく〜(落胆した顔)
ダメージが残りそうなダウンだったが、2回以降、亀田選手はよく立て直して単発ながら力強いパンチをヒットさせ、中盤までやや主導権を握る。
いいボディブローを繰り出すものの、いかんせん追い打ちがなく、決定的なダメージを与えることができない。
手数で圧倒するランダエタ選手のスタミナは最後まで持続。
細かいパンチを受け続けた亀田選手のダメージは徐々に蓄積。
終盤は亀田選手をフラフラにさせたものの、やはりランダエタ選手も決定打を放つことはできず、勝負は判定に持ち込まれた。
そして勝者「“浪速乃闘拳”亀田」のコール。るんるん
3人のジャッジ全てが僅差で、2−1のスプリットデシジョンという際どい勝負をモノにして日本にまた一つ世界王座がもたらされた。手(チョキ)
ニュースター誕生という華々しい試合内容ではなかったが、泥臭く世界を奪取した亀田選手を心から祝福したい。わーい(嬉しい顔)


ちなみに管理人がテレビで試合を見ながらつけた採点は116(ランダエタ)−111(亀田)。たらーっ(汗)
管理人は手数の多かったランダエタ選手に好意的にポイントを割り振ったが、単発でも強いパンチを当てた亀田選手が取ってもおかしくないラウンドがいくつもあり、亀田選手の勝利という結果ににはなんら不思議はない。
最近は手数重視の採点が世界的趨勢になっている印象だが、今回は有効打をしっかりと評価する採点になったのだと思う。ひらめき
ランダエタ選手のパンチに力感がそれほどなかったので、亀田選手の力強いパンチが際立って見えたことが幸いした。

今後の課題だが、亀田選手が磐石の王者として君臨するためにはもう少しボディワークを磨いて欲しい。
クラウチングスタイルでガード一辺倒、一発を狙うボクシングは、近年の傾向では採点上で不利に働くことが多い。
ガチガチに力が入っているので手数が出ず、スタミナの浪費も激しい。
厳しい言い方をすると、亀田選手の現時点のボクシングは昔のボクシング。
ガードの上を打たせてから打つのではなく、柔軟なボディワークで触らせずに打つ、なおかつハイテンポに手数を出すのが現代の強いボクサーの条件だと管理人は思う。
今の亀田選手のようなボクシングスタイルで長続きした世界チャンピオンは最近では皆無だ。exclamation×2
一つのボクシングスタイルに固執するのではなく、柔軟な思考で進化してもらいたい。
亀田選手はまだまだ若く、発展途上の選手なので今後の成長にも大いに期待したい。グッド(上向き矢印)


おめでとう 亀田選手ひらめき

今後も頑張れモータースポーツ
posted by ティト at 00:07| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

稲田千賢 海外世界奪取ならず

稲田千賢 無念の6回TKO負け

5月20日(日本21日)に行われたWBC世界ライト級暫定王座決定戦は、同級4位のホセ・アルマンド・サンタクルスが同級3位の稲田千賢を下して王座獲得。
試合の感想だが、世界3位という肩書きからすると、稲田選手の実力は今ひとつ物足りなかった。
驚異的な打たれ強さは見せたものの、パワーで負けていたうえ、手数や回転力でも負けていたので打つ手がなかったという内容。バッド(下向き矢印)
ダウンはなかったがあそこでのレフェリーストップは妥当。
稲田選手はパンチ力が売り物ではないだけに、今のボクシングスタイルで世界を狙うのであれば、もっと相手のパンチを外す敏捷なボディワーク、手数と回転力がなければちょっと厳しいかも。
今後の成長に期待したい。ぴかぴか(新しい)


この日、メインで行われたWBCスーパー・フェザー級タイトルマッチは王者マルコ・アントニオ・バレラが挑戦者リカルド“ロッキー”フアレスに大苦戦。
辛くも3者3様の引き分け防衛で命拾い。あせあせ(飛び散る汗)
この試合、管理人の採点では115−113でフアレスの勝ち。
ダメージは圧倒的にバレラの方が甚大だったものの、最後まであきらめずに手数を出し続けたことが引き分けにつながった。
バレラの執念を日本人選手も見習って欲しい。ひらめき
フアレスはデビュー当時、世界王者間違いなしと言われていた逸材だが、改めて実力を証明。
惜しくも世界奪取はならなかったが、名王者バレラに対して1歩も引けをとらない堂々たる戦いぶりで大いに株を上げたことだろう。グッド(上向き矢印)
管理人はフアレスのようなテクニックを備えたファイターは好きなタイプだ。
エリック・モラレスを破ったザヒール・ラヒームを寄せ付けずにKOした試合を見た時は近いうちに世界王者になりそうだと思ったが、ウンベルト・ソトに敗れて挫折も経験。
しかしやっぱり浮上してきたね。
人気者“ロッキー”の今後に注目したい。るんるん

      ↑
後に採点の集計ミスが判明し、2−1の判定でマルコ・アントニオ・バレラの勝利とのこと。
フアレスは踏んだり蹴ったり。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by ティト at 23:59| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

ゴールデンボーイ復活

オスカー・デラホーヤ 再起成功グッド(上向き矢印)

バーナード・ホプキンスに敗れてから20ヶ月ぶりにリングに帰ってきた“ゴールデンボーイ”オスカー・デラホーヤが、強敵WBCスーパー・ウェルター級王者リカルド・マヨルガを6回TKOに下し、王座獲得。

都合があって少し試合の映像をを見るのが遅れてしまい、やっとさっき見終わった。
実に見事なデラホーヤの復活劇。ぴかぴか(新しい)

今回のデラホーヤは懸念されたブランクの悪影響どころか以前より強くなっているとさえ思えた。
試合前から破天荒な“ニカラグアの亀田”マヨルガの挑発を受け続け、相当な敵愾心を持ってリングに上がったようだ。
今まで見たこともないような険しい顔つき、強い意志を伴った力感溢れるパンチ。そして今回びっくりしたのがマヨルガの強烈なパンチを浴びてもびくともしなかったタフネス。
打たれた時にやや線の細い印象があったデラホーヤだが、今回は本当に危なげなかった。
デラホーヤのキャリアの中でも今回ほど集中力が極限まで高まった試合はなかったかもしれない。

ラフファイターのマヨルガに対してテクニックで勝負するかと思っていたが、デラホーヤの方からファイトを仕掛け、真正面からぶつかって圧倒。ねじ伏せてしまった。
“ブンブン丸”マヨルガに真っ向勝負で打ち勝てるボクサーがいるとは驚き。ひらめき
マヨルガはフェリックス・トリニダードにKOされたが、その時だって余計なパフォーマンスをしたせいでやられたのであって全くパワー負けはしてなかったからね。
マヨルガもここまで完膚なきまでにやられるとは思っていなかっただろう。
さすが千両役者デラホーヤ。やる時はやる男だね。パンチ

管理人はデラホーヤがバルセロナ五輪に出場した当時から注目していた。
シュガー・レイ・レナードの後継者となるべきスーパースター候補生として期待していたが、やはり自分の目に狂いはなかった。ぴかぴか(新しい)
レナードのリング生活晩年はブランクを作っては復帰の繰り返し、最後は晩節を汚してしまった。
強敵を迎えた今回のデラホーヤもレナードの二の舞になりかねない懸念があったが、結果的にそんな心配はまるでなし。

ボクサーのやめ時は難しいが、デラホーヤは
まだまだやれるexclamation×2
次がラストファイトかもと言われているが、わがままなファンとしてはもっともっとデラホーヤの試合が見たい。モータースポーツ
posted by ティト at 00:13| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

亀田の日

亀田興毅、大毅KO競演るんるん

結果は文句なし。グッド(上向き矢印)
ただ対戦相手に粘りがなく淡白だったため内容は何とも評価のしようがないかも。

大毅選手はまだまだこれからの選手。
ガードの上を無造作に打たせるボクシングスタイルは今のボクシングの趨勢を考えると今後絶対に不利になる。
こだわりはあるのだろうがもっとボディワークを生かしてもらいたい。
年齢を考えると素晴らしい素質の持ち主であることは確か。ひらめき
今後に大いに期待したい。

興毅選手は世界ランカー相手にも格の違いを見せつけたが、大毅選手同様、ガードの上から無造作に打たせすぎる。
以前はもっとフットワークやボディワークを駆使していたと思うが、最近はファイター化が顕著だ。
ずる賢い世界チャンピオン相手にこのスタイルが通用するだろうか。
例えば徳山選手のようにまともな打ち合いはせずにポイントを取ることに徹するタイプの相手と戦ったら苦しいような気がする。
客を喜ばせるという心意気は買えるが負けてしまっては元も子もない。
もっと手数を出し、ボディワークやフットワークでポジションを変えて相手のパンチを外すべきだ。
今の興毅選手は相手をワンパンチでKOするという一兎しか追っていない。
興毅選手にはポイントを確実に稼ぎつつKOも魅せるという二兎を追ってもらいたい。
そうすれば真に客を喜ばすことのできるスーパースターになれるだろう。
次戦は世界戦になるはず。モータースポーツ
亀田興毅の歓喜の雄たけびが見たいぴかぴか(新しい)
posted by ティト at 10:38| 岩手 ☁| Comment(3) | TrackBack(3) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

クリス・バード−ウラジミール・クリチコ

ウラディミール・クリチコ 復活グッド(上向き矢印)

クリス・バード対ウラディミール・クリチコのIBF世界ヘビー級タイトルマッチは、大方の予想通りクリチコが王座復帰。バードを7回TKOに下した。
試合内容はクリチコの圧勝。バードからするとほとんどつけいる隙がないといった感じだったろう。

クリチコは以前に比べて明らかにディフェンシブなスタイルにチェンジしているようだ。
WBO王者時代の圧倒的な迫力は感じられないものの負けにくいボクシングスタイル。
これはトレーナーのエマヌエル・スチュワードの影響だろう。
かつてスチュワードはレノックス・ルイスのスタイルも矯正し、安定王者に作り上げた実績もある。
見ている方はつまらなくなるかもしれないが、ウラディミールは安定王者への道を突き進みそうな感じ。ひらめき
兄ビタリの分までこれから勝ち進むことだろう。パンチ
体格、素質は申し分なし。名王者にならなくてはいけない選手だ。
posted by ティト at 03:12| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

ザブ・ジュダー―フロイド・メイウェザー

フロイド・メイウェザー 4階級制覇達成ぴかぴか(新しい)

同タイプの選手同士の対戦だけにどういう試合展開になるのか非常に興味があったが、今回はメイウェザーがファイタースタイルで戦った。
ガードをがっちりと固め、ジリジリと前に出る展開。パンチもいつもの派手なロングパンチではなく、ショートでコンパクト。
ジュダーはいつも通りスタンスを広く取り、前後のフットワークを使いながら隙を見て左強打を狙う。
前半はジュダーのペース。踏み込み鋭い左ストレートでメイウェザーをたじろがせる。
メイウェザー危うしの雰囲気が漂う序盤だったが、中盤から軽くても確実にパンチを当てる戦法に徹したメイウェザーのボディ、顔面へのショートパンチが当たり始めるとジュダーは失速。
後半は立て続けにメイウェザーがポイントを奪取。
11回、ジュダーのローブローに怒ったセコンドのロジャー・メイウェザー(元WBCJ・ウェルター級王者)がリングに乱入したことがきっかけで両陣営リング内に入り乱れて大混乱。試合続行が危ぶまれたが何とか事なきをえる。あせあせ(飛び散る汗)
ジリ貧だったジュダーには幸運なハプニング。
息を吹き返したジュダーだったが試合展開に大きな変化はなく、最終12回はメイウェザーが勝利を確信してリングをサークルしたまま終了。
メイウェザーが余裕を持てるような試合展開ではなかっただけに最終回を捨てて大丈夫だろうかと管理人は思った。
管理人の採点は115−113でメイウェザー。
相手に与えたダメージではメイウェザーが大きく勝っていたが採点自体は競っていると思った。

公式採点は116−112、117−111、119−109と意外な大差がつき、3−0の判定でメイウェザーが4階級制覇の偉業を達成。グッド(上向き矢印)
無敗の戦績も継続。

派手な試合が売り物のメイウェザーだが今回は余計なパフォーマンスはなく、いつになく真剣な試合運び。強敵ジュダーに対して泥臭く勝ちにいった。
天才型でありながら決して慢心しないところがメイウェザーの最大の長所かも。
頂点からあっという間に転落したロイ・ジョーンズの二の舞にはならないように気をつけているのだろう。

まだまだ強くなりそうなフロイド・メイウェザーの今後にますます注目。exclamation×2
posted by ティト at 22:46| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

ジョー・カルザゲ―ジェフ・レイシー

ジョー・カルザゲの判定勝利

期待していたビッグファイトだったが、結果は一方的なものになった。
ポイント奪取能力に上回るカルザゲがやや有利だとは思っていたが、どちらかというと倒し屋レイシーを応援しながら見ていた。
カルザゲは徳山昌守のボクシングをさらに手数を多くしてパンチも強くしたような選手だ。
今回は圧倒的な手数となりふりかまわぬクリンチワークでポイントを重ねていった。
自分の採点では119―106。1度減点があったから実質的にフルマークの圧勝だ。
レイシーは1発強打を決めてKOする以外の策を持たずにリングに上がったような印象。
パンチを溜めている間に散々カルザゲのパンチを浴び続け、最後は立っていることで精一杯という状態の惨敗だった。

この試合に限らず、最近はボクサータイプの選手が優勢な状況だ。
レフェリングや採点基準がアウトボクサータイプでやや小ずるい選手に有利になっているのだから当然だ。
打ってはすかさずクリンチするとレフェリーのストップで中断。そして離れる。また打ってはクリンチで中断。そして離れる。以下繰り返し・・・。
こういう戦法で勝ててしまう。
重心が常に前にかかっているよりもやや重心を後ろに保ちながら戦った方が手数を出せる。
クリンチやもみ合いになった途端に試合の流れも考えずにすかさずストップをかけるレフェリー。
ボクサータイプは自分の出したいタイミングでパンチを出すことができる。
ファイタータイプはこれから手を出そうと思った瞬間に試合を寸断されてしまうから手数が少なくなる。
そしてポイントをズルズル失う。
まあこんな感じの試合のなんと多いこと。たらーっ(汗)

ここであれこれ言っても何も変わるわけではないが採点基準を少し変える必要があるのではないか。
パワーと正当で技術的なテクニックのぶつかり合いがボクシングの醍醐味だ。
ファンは反則スレスレの小ずるいテクニックの応酬を見たいわけではない。
このままではファイタータイプのボクサーを目指そうとする選手はいなくなるかも。
フリオ・セサール・チャベス以降、ファイタースタイルで長期政権を築いた世界王者も記憶にない。
トレーナーは採点基準に適合するような勝てる選手を作るのが仕事なのだからそれも当然だ。
今もってひたすらガードを固めて前へ出ろなんて指導しているのは日本のトレーナーだけだ(だから日本の選手は世界で勝てないバッド(下向き矢印))。

今回の試合を見終わった後になぜか切ない気持ちになった。
posted by ティト at 16:42| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

亀田興毅−カルロス・ボウチャン

やっと岩手で亀田興毅の試合が放映された。
今までは全て別の番組に差し替えられていたからね。
さすがにゴールデンタイムでは差し替えたくても差し替えられなかったのだろう。ひらめき
これからは地方でもどんどんボクシングの試合を放映してほしい。

さて、試合についてだが、6回KOという結果には申し分ない。
だが内容は世界戦に向けては不安の残るものとなった。
とにかく手数が少ない。相手の3分の1程度ではなかったか。
今回の相手はパワーのない選手だったため、有効打の基準でポイントは微差ながら毎回取れていたと思う。おそらく判定までもつれこんだとしても亀田の勝利は確実だっただろう。
だが世界戦を考えると、WBA王者パーラとWBC王者ポンサクレックは、ボウチャンと比較すると同等以上の手数が出るし、なおかつパワーは断然上だ。ディフェンスも巧みときている。
ということは、今回の戦い方のままではポイントを取ることができないかもしれないということだ。
今回は5回までに倒すという縛りを自らに強く課したために力が入り過ぎ、手数が出なかったのかもしれない。
前回のアランブレット戦ではいい感じで戦えていた。
来たるべき時にはきっとやってくれると信じている。

世界チャンピオンになる、そして世界チャンピオンであり続けるためには、確実に各ラウンドのポイントを奪える能力がなくてはならない。
KOを何が何でも狙うにしても、ポイントは確実に奪いつつ最終的に倒すという試合展開を構築できなければ長く世界戦を勝ち抜くことはできない。
それが1流王者の条件だ。
亀田興毅にはそれだけの高いレベルを求めたい。
次戦になるか、再び前哨戦を挟むのかはわからないが、もう世界戦は間近だ。
今回の試合の反省点を生かして是非世界を制してもらいたい。

最近干されがちのボクシング界の救世主としてファンの亀田への期待は非常に大きい。グッド(上向き矢印)
posted by ティト at 10:40| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(4) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。