2010年04月30日

見逃した

本日体調が悪く寝込んでいたため、長谷川選手と西岡選手のダブルタイトルマッチを見逃し、ビデオ録画まで忘れてしまいました。バッド(下向き矢印)

どこかで映像を見られないものですかねえ。あせあせ(飛び散る汗)
posted by ティト at 23:44| 岩手 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 試合結果等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

坂田健史 4度目の正直

坂田健史 悲願の王座奪取

WBA世界フライ級タイトルマッチ
坂田健史 2回終了TKO ロレンソ・パーラ

坂田選手やってくれました。るんるん
パーラ選手のひど過ぎる体重超過があったのでどうなることかと思いましたが、最高の結果を見せてくれましたね。手(チョキ)
過去3度の世界戦は本当にあと一歩で勝利を掴むことができなかっただけに、喜びもひとしおでしょう。ぴかぴか(新しい)
坂田選手、本当におめでとう。わーい(嬉しい顔)

試合を見ましたが、内容的には坂田選手の快勝ですね。グッド(上向き矢印)
パーラ選手は膝の怪我の影響があるのか、以前のミズスマシのようなフットワークが見られず、坂田選手の前進を捌くことができなかった感じです。
2回には坂田選手のボディが決まり始め、完全にパーラ選手の足が止まったので、これは中盤には捕まえられそうだと思った矢先、なんとパーラ選手は3回のゴングに応じられず、唐突に試合終了。
難攻不落の王者だったパーラ選手があっけなく落城となりました。
パワー、体のキレ、意気込みの全てで今回は坂田選手が上回りましたね。右斜め上
坂田選手は以前見た時より、ボディワークが格段に向上していると感じました。
よけたら打つ、打ったらよけるの一連の動作がスムーズになっています。ひらめき
苦労して獲得した王座、是非長期政権を築いてもらいたいですね。位置情報
posted by ティト at 22:01| 岩手 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 試合結果等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

名城信男、坂田健史 世界戦結果

名城 大差判定で初防衛成功るんるん

坂田 3度目の挑戦もスプリットデシジョンの惜敗


名城信男−エドゥアルド・ガルシア 12回3−0判定

ロベルト・バスケス坂田健史 12回2−1判定


岩手に住む管理人は両試合とも映像を見ることはできないので、試合内容を語ることができず。バッド(下向き矢印)
毎度のことながら悔しさでいっぱいだ。もうやだ〜(悲しい顔)
なぜ地方ではボクシングだけがいつもつまはじきにされるんだろう。
甚だ疑問。手(パー)

何はともあれ、名城選手、防衛おめでとう。ぴかぴか(新しい)
大差判定とはいえ、内容はポイント差以上に拮抗していたとのこと。
名城選手はキャリアも浅く、まだまだ発展途上の選手だけにこれからますますの飛躍に期待大。グッド(上向き矢印)
坂田選手は強豪バスケス相手にスプリットとのことで、相当激しい戦いだったことが想像される。
しかし、パーラ戦に続いてまたしてもあと一歩。
是非再起してもらって今度こそ栄冠を掴みとってほしい。位置情報
坂田選手ならきっと世界を獲れるはず。exclamation×2
posted by ティト at 18:06| 岩手 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 試合結果等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。