2016年05月09日

5月8日 ダブル世界タイトルマッチ

IBF世界L・フライ級タイトルマッチ
八重樫東 12回判定(2−1) マルティン・テクアペトラ(メキシコ)

管理人の採点は、116−112で八重樫選手の勝利。
公式採点がスプリットとなってヒヤヒヤしましたが、見事防衛成功です。

序盤は、テクアペトラ選手が積極的に打ちかかり、八重樫選手が受けに回ってしまいましたが、徐々に八重樫選手のカウンターが冴え、ダメージをじわじわと与えていきました。
決定的にポイントを奪いたいところでしたが、テクアペトラの手数が多く、あと一押しが出来なかった印象です。
全体的にペースを握りながらもスプリットになりましたし、手数は本当に大事ですね。

激闘続きの八重樫選手ですが、やはりファンとしては統一戦等のビッグマッチを見たいですよね。
まずはゆっくり休んでから、名王者への道を走り続けていただきたいです。


WBO世界S・フライ級タイトルマッチ
井上尚弥 12回判定(3−0) ダビド・カルモナ(メキシコ)

管理人の採点は、120−107で井上選手の勝利。
KOして当たり前とさえ思える強すぎる井上選手ですが、世界戦で初めての判定勝利。
判定勝利が意外と思えるところが井上選手の凄さです。
内容は文句なしでしょう。

序盤から井上選手のスピードとパワーが炸裂し、カルモナ選手はタジタジ状態でしたが、さすがは世界1位の挑戦者。
速攻を凌いだ後に打ち返し、珍しく井上選手の顔が跳ね上がる場面もありました。
それでもダメージの差は歴然。
12回の井上選手の猛攻でカルモナ選手は力尽きたようにダウン。
何とか立ち上がったものの、その後のラッシュでストップしてもよい一方的な展開となりましたが、レフェリーはそのまま流し、試合終了のゴングが鳴りました。

12回問題なく戦えるスタミナを証明し、もはや欠点を探すことも困難になってきた井上選手。
当然ながら、海外でビッグマッチを行うしかないでしょう。

posted by ティト at 20:36| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。