2015年09月24日

9月22日 WBC世界バンタム級タイトルマッチ

WBC世界バンタム級タイトルマッチ
山中慎介 12回判定(2−1) アンセルモ・モレノ(パナマ)


管理人の採点は、116−112でモレノ選手の勝利。
結果は、2−1のスプリット判定で山中選手の勝利。
山中選手にとっては、薄氷を踏む思いの厳しい戦いだったと思います。

山中選手は、序盤いつもどおり、打たせずに打つことを念頭に、距離を取ってジャブとワンツーでポイントを奪いにいきました。
しかし、モレノ選手は想像以上に懐が深く、ジャブの刺し合いで山中選手が遅れをとってしまう場面が目立ちました。
やや劣勢の展開だと思いましたが、序盤4ラウンドの公式採点は、山中選手がリード。
中盤・後半は一進一退の展開でしたので、序盤のポイント差がそのまま勝負に直結した感じです。

モレノ選手は、さすがに一時代を築いた名王者ですね。
ここまで山中選手を空転させた選手は初めてでしょう。
パンチ力で見栄えがなかった分、ポイントを取りきれなかった感じでしょうが、当てる勘は抜群でしたし、距離感とボディワークを駆使したディフェンス技術は世界屈指だと思います。

山中選手選手は、この厳しい戦いを経験してまた一歩進化するきっかけをつかんだはずです。
管理人的にはこの試合はモヤモヤした感覚が残ってしまっていますので、両者の再戦実現を希望します。

posted by ティト at 19:38| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何故こんな歴史的試合を大田区総合体育館のように収容人員数の少ない会場で行うのか様々な輩から尋ねられました。

内山君にも通じる話ですが莫大な報奨金を齎してくれるsponsorの意向には山中君も逆らえないというのが真相のようです。

歴史的名王者であるモレノ選手の渡航費や滞在費を工面してくれたのも山中君のsponsorでしたね。当日試合会場でも話題になりましたが山中君に多くのsponsorがつくのはやはり高い頻度で相手からダウンを奪うからなんだそうです。

Posted by 銃刀法違反,公務執行妨害歴あり at 2015年11月15日 12:42
久々にサイトを覗いたが、山中VSモレノはドローだったかな?山中の右もけっこう当たってはいたし、モレノのボクシングは勝利の決め手とはなりにくいでしょうね。結局、1〜8Rまでは差し合いになって、9Rはモレノが右フックをカウンターで当ててポイントを奪ったが、10R以降はようやく前に出て左を当てて攻勢に出た山中がポイントを奪って、辛うじて勝った試合だった。

29日の井上は強かった!パンチ力は2階級上げてかなり増した感じ、普段の練習や筋トレの成果と思われます。防衛戦ならば井岡やローマン・ゴンザレスにも勝ちそうですね。井上がフライ級に落とせば勝敗は分からないと行った感じです。
井岡は前回と違って差をつけての完勝。レベコは持ち前のタフネスで耐えたが、11Rに、ついにボディ3連発で音を上げてしまった一戦でした。八重樫は、はっきり言って、相手のメンドーサが弱すぎた。あんな打たせる選手がよく世界王者になれたな…。八重樫はいい時ならKOできたろうが、自身もやっぱり打たれた。今後は年齢・衰えとの戦いになろうが、衰えて古傷も広がっている中での努力しての3階級制覇は立派だと思う。
古傷と言えば高山だが、今回はそれが仇になって破れた。もっとも、相手のアルグメドは、頭突きを中心にしてラフな攻撃で高山の傷口を広げていって勝利した。昔の渡辺二郎VS権みたいに、レフェリーは反則を厳しく取って厳しく原点すべきだったろう。あんな頭突き連発では、真の王者とは言えないでしょうね。
魔裟斗VS山本KIDは、もはや引退状態だった2人の対決。フジテレビでやった曙VSサップとか、代役のピーター・アーツなんかも同様で、もはや白熱した試合は期待できないところ。石井慧は惨敗。桜庭和志は寝転ぶサンドバッグと、もはや昔の人達のドサ回りと化している。元気なのは外人とか女子格闘家で、日本人は弱いか知名度不足が多い。29日は、あびる優のやかましさが最も目立った(笑)。格闘家ブームはもはや下火になる一方と思う。プロレスもだし、そして、ボクシングが残った…といった感じですな…チャンチャン(韓国はチャン張正九の頃が全盛期で、後はボクシング人気は急速になくなった)。
Posted by 川尻浩作 at 2016年01月02日 19:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。