2014年04月29日

4月23日 ダブル世界タイトルマッチ

今回もタイミング遅れの観戦記です。あせあせ(飛び散る汗)


4月23日


WBC世界バンタム級タイトルマッチ
山中慎介 9回TKO シュテファーヌ・ジャモエ(ベルギー)


全く危なげない試合運びでのKO勝利。
「強い!!」としか言いようのない王座防衛でしたね。グッド(上向き矢印)

山中選手の最大の強みは、深追いせずにKOできること。
アップライトに構え、相手のパンチの届かない距離をキープしつつ、長いジャブを間断なく繰り出してポイントを取る手堅いスタイル。
現時点で、ジャブの差し合いで山中選手を制する選手は世界でも見当たらないでしょう。
このポイントを抑えつつ、ガードの上からでもダメージを与える強烈な左ストレートを叩き込んでくるので、相手は容易には接近できません。手(パー)
遠い距離からの右ジャブと左ストレートのルーチンワークをひたすら続けることができます。
山中選手が前がかりになって攻める流れになれば、相手にもカウンターのチャンスがあるのでしょうが、ポイントを取れている間は、アップライトからのジャブとストレートのスタイルを決して崩しません。
このスタイルでKOを量産できるわけですから、本当に付けいる隙がありませんよね。
ゴッドレフトと称される左ストレートは、当たる度に相手のライフポイントを削るような威力です。パンチ

これだけ強いと、どうやったら山中選手に勝てるだろうという視点で試合を見るようになってしまいます。
ポイントで先行し、焦って前に出させるような展開にならなければ、山中選手を崩すことはできないでしょう。
果たしてそれをできる選手が世界にいるのか?と熟考せざるをえないぐらい、山中選手は難攻不落の王者だということです。

世界に誇る名王者への道を歩む山中選手の、今後の道程にファンは注目しています。
個人的には、WBO同級王者の亀田和毅選手との統一戦実現を熱望します。位置情報



IBF世界S・バンタム級タイトルマッチ
キコ・マルチネス(メキシコ) 7回TKO 長谷川穂積


壮絶な打ち合いの末のKO決着。
長谷川選手の3階級制覇は惜しくもなりませんでした。

持ち前の回転の速い連打で、上々の滑り出しを見せた長谷川選手ですが、2回にロープを背負って打ち合う展開の中で相手の左右フックをまともに被弾してダウン。
立ち上がって必死に応戦しましたが、大きなダメージを負ってフットワークを生かせなくなってしまったのが非常に痛かったですね。
回を追うごとにダメージを上乗せされ、6回に連打をもらって力尽きました。
結果的には、2回にロープを背負って打ち合ったのが悪手だったのでしょうが、全盛期の長谷川選手の高速連打を知る管理人としては、打ち合いで打ち勝てなかったところに敗因があったと試合が終わってまず思いました。
相手に打ち返す暇を与えない高速連打で世界を席巻した長谷川選手。soon
その長谷川選手が、打ち合いで打ち勝てなかったところに、少々悔しい気持ちになりました。

進退発表はまだとのこと。
3階級制覇の栄誉を是非ともつかんでもらい名選手ですが、どのような発表がなされるにしろ、大きな拍手で迎えたいものですね。ぴかぴか(新しい)

posted by ティト at 03:05| 岩手 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
史上最強の挑戦者と言われるローマン・ゴンザレスは、果たしてリカルド・ロペスの評価を上回る事が出来るか!?この、最強の挑戦者ローマン・ゴンザレスに、八重樫東がどこまで善戦出来るか!?ローマン・ゴンザレスVS八重樫東は楽しみな一戦である。もっとも、この川尻浩作、かつて程ボクシングやプロレスには興味ないけどね。川尻浩作の、当然偽名を使ったのも久しぶりだ。サイト・ブログ上のウソネームも多数。そのうち、「千の名前をもつ男、ミル・マスカラス川尻」と言われたりしてな(笑)。そう言えば、日曜日に日テレでミル・マスカラスが出ていたな。それまでごろ寝していたが、ミル・マスカラスが出て来たら思わず正座した。私の時代では、大変な人だ!
Posted by 川尻浩作 at 2014年09月04日 00:00
八重樫東とローマン・ゴンザレスは、だいたい予想通りの試合だった。八重樫は2Rに早くも足を止めて打ち合ってしまったが、足を止めての打ち合いなら、やはりゴンザレスが一枚上。ゴンザレスはコンパクトなパンチと伸びのあるパンチ、アッパー、ボディブロー等、巧みにパンチを使い分けて攻めていた。八重樫はスピードはあったので、細かくフットワークを使いながら集中打を浴びせたかった、が、2Rに早くも足を止め、3Rは途中までは八重樫ペースだったが、途中でショートフックを合わされてダウンし、そこからプランが狂って打ち合いざるを得なくなってしまった。しかし、そこからよく粘って、時折いいパンチもヒットさせた。しかし、倍返しされた。ゴンザレスのパンチは的確で重かった。リカルド・ロペスより強かったか?う〜む、さすがにそれよりは弱いな。ゴンザレスは足はそんなに素早くないしね。ただ打ち合っては、なかなかかなう選手はいないと思うでぇ〜。八重樫は井岡戦ほどはお岩さんにならんで済んだが、まあ武蔵(格闘家)に似たままだが、食ったダメージはもっと深かっただろう。今後、現役を続けるならば、今回のダメージが残らない事が条件だろうね。
井上尚弥はだいぶ成長し、攻防にスキがなかった。相手のサマートレック・ゴーキャットジムは4・6Rにダウンを奪われたが、よく粘りタフだった。ただ、事実上サンドバックで勝ち目はない状態だったんでレフェリーが止めた。順当だろう。ロマゴン?まだ早い!奴(ケンシロウか井上尚弥)ではサウザーには勝てん!時期を待て!そのうち勝てる。けど防御勘も抜群だし、井上のホープ性は別格だな。それに比べて、村田諒太は成長が見られなかった。4RにKOチャンスがありながら逃してしまった。相手のアドリアン・ルナがパンチ力のない選手なので助かった印象である。6R以降は息も上がってしまった。息が上がるようでは、世界戦では勝てない!ダメージで息が上がった訳でもないでしょう?練習不足!!パンチ今回はボディブローも少なかった。スピードもない!まあ、4Rまではわりと快調だったが、練習不足か調整の失敗かはわからないが、技術的にも体力的にも成長は見られなかった。オリンピックの時の方がプレッシャーがきつく、ボディブローを撃ち抜いている感じでよっぽど良かった。 けど久しぶりにこの川尻浩作はボクシングを楽しんだ感じだ。
Posted by 川尻浩作 at 2014年09月06日 18:54
挑戦,防衛ともawayでの試合を厭わないローマンゴンザレス選手の姿勢はプロ拳闘人の鑑だろう。
Posted by 銃刀法違反,公務執行妨害歴あり at 2015年11月15日 14:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。