2013年12月09日

12月6日 WBC世界フライ級タイトルマッチほか

WBC世界フライ級タイトルマッチ
八重樫東 12回判定(3−0) エドガル・ソーサ(メキシコ)


管理人の採点は116−112で八重樫選手の勝利。ペン
難敵相手の見事な防衛でした。

八重樫選手は、軽快なフットワークを駆使し、距離を終始支配しました。くつ
さっと近づいてはコンパクトなパンチをヒットさせ、相手が打ち返す時にはもう目の前にいないという丁寧な作業を繰り返してポイントを積み重ねましたね。
全身の瞬発力は見事で、瞬時に切り返す足運びは、バスケット選手の素早さでした。ダッシュ(走り出すさま)
決してエスケープに徹したわけではなく、踏み込むパンチに迫力があったので、相手は容易に近づけませんでした。
世界トップレベルの難敵を相手の完勝ですし、今後のビッグマッチへの期待は非常に高いですよね。
同郷のファンとして誇らしいかぎりです。わーい(嬉しい顔)

ソーサ選手は、綺麗なフォームから伸びの良いパンチを繰り出し、本当に怖い選手でした。
ディフェンスも良く、八重樫選手がペースを握りながらも、KOできる気配はありませんでしたね。
攻防兼備の名選手という評価は伊達ではありません。
八重樫選手にとって、井岡一翔選手に匹敵する難敵だったように思います。

岩手の生んだ名王者が、これからさらにどのように高みに駆け上がっていくのか、ワクワクしながら追いかけたいと思います。音楽


東洋太平洋L・フライ級タイトルマッチ
井上尚弥 5回TKO ヘルソン・マンシオ(比)


怪物が本領発揮。ドコモポイント
タフな相手を打ち崩し、嵐の連打でストップを呼び込む快勝でした。

井上選手の長所は、相手の空いている場所を的確に狙えるフレキシビリティだと思います。
ストレートを打つべき時にはストレート、アッパーを打つべき時にはアッパー、決める時には連打と、多彩なパンチを最適なタイミングで出せるのが強みです。パンチ
相手が引けば押し、出てくれば引くといった感じで、機を見るに敏なボクシング勘を持っていますね。on
常に手を出し、相手を休ませないアクティブなスタイルですので、見ているファンとしてもエキサイティングに感情移入できますし、まさにスター候補でしょう。

誰が相手だとしても、次戦で世界王座を十分に狙えるレベルに到達しているように見えました。
日本最速の6戦目での世界王座奪取を期待しましょう。位置情報


ミドル級ノンタイトル8回戦
村田諒太 8回TKO デイブ・ピーターソン(米)


ロンドン五輪金メダリストの村田選手が、やや苦戦しながらも力で外国人選手をねじ伏せました。

村田選手は、自信満々に前進し、重そうなパンチを力いっぱい叩きつける試合運び。手(グー)
ポイントは取れていたと思いますが、ガードの上から相手のパンチを受けてしまう場面が多く、手数を出すことができずにラウンドが進んでしまった印象です。
今の村田選手のボクシングは、ガードでパンチを受け止めてから、溜めた強打でねじ伏せるというヘビー級のようなスタイル。
しかし、ミドル級では、そのようなボクシングにお付き合いしてくれる世界王者はいません。
体のバネと柔軟性を生かして戦う選手が主流ですので、今のままでは、この先の苦戦が容易に想像できるでしょう。
今回の試合は、それがわかったことが一番の収穫だと思います。ふくろ
村田選手は、鈍重な選手では決してありませんので、次戦では必ずや進化した姿を見せてくれるはず。
フットワークとボディワークを重点的に意識してもらいたいです。
それにしても、好機での詰めの鋭さは非常に迫力がありますね。爆弾
パワーでは既にワールドクラスに到達しているように見えました。

間違いなく世界王者を狙える逸材。
ゴールデンボーイが世界を席捲する日が楽しみです。ぴかぴか(新しい)
個人的に、来年末あたりには世界タイトルマッチを組めるような位置にいるのではないかと予想しています。

posted by ティト at 02:00| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。