2013年11月20日

11月19日 WBA世界バンタム級タイトルマッチ

11月19日


WBA世界バンタム級タイトルマッチ
亀田興毅 12回判定(2−1) 孫正五(韓)


管理人の採点では、115−112で興毅選手の勝利。ペン

全体的には的確にパンチを当てていた興毅選手ですが、孫選手の攻勢に押された見栄えの悪いラウンドも多かったです。
判定結果発表の前にテレビ中継が終わってしまい、アウェーということもあってもしものことがあったら嫌だなあとどきどきしながらニュースを見たところ、興毅選手の勝利ということでまずは一安心。
ペースを握りながらも相手の攻勢を許してしまうのは、前々からの課題である手数の少なさ故でしょう。
連打したらサイドに回りこみ、再び連打につなげる波状攻撃ができないところに、興毅選手が世界戦で苦戦が続いている原因が凝縮されているように思います。
足を使いながら手を出すことがなかなかできない、ワンパンチを当てた後に止まってしまい、いまひとつポイントを明確に取りきれないことに、フラストレーションが溜まってしまいます。
世界戦でそうそう思いどおりに戦うことはできないでしょうが、期待しているからこその苦言ということでご容赦ください。

孫選手は、ボディも顔面もまともに打たれる場面が多く、ダメージは相当あったと思いますが、一発でも当てると元気が盛り返ってくる感じで、持てる力を振り絞って攻めきりました。
決定的なパンチは当てることができず、あと一歩で勝利を逃しましたが、内容は僅差でしたし、再戦を見たいと思わせる力強い戦いぶりでしたね。
相手をロープに追い詰めてラッシュを繰り返す典型的なコリアンファイターで、管理人好みの無骨なスタイルです。

現在のバンタム級には、日本人の世界王者が3人います。グッド(上向き矢印)
統一戦を見たいと思っているファンは大勢いるはずで、管理人ももちろんその1人。
いろいろなタイプの選手と戦ってしぶとく勝ち上がる興毅選手、華々しく倒すボクシングを見せる山中選手、スピードスター和毅選手と、それぞれ素晴らしい王者達が今後どのような絡みを見せるのか、本当に楽しみですね。るんるん
まあ、亀田兄弟同士の対決はないでしょうけど。

posted by ティト at 02:32| 岩手 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回も海外という事もあって堂々と亀田史郎氏が堂々とセコンドについてたな。この分だと、海外では渡辺二郎もセコンドに付いても良いという事になるか…まあ、渡辺二郎の場合は前科がけっこうあるうえに、○暴の相談役だから入国出来るかどうかが問題だかね。
計量時の亀田と孫の睨み合いもおもろい画像だ。さすがに韓国人ボクサーだけに一歩も引かない。ただ、睨み合いは赤穂亮とやってもらいたいところ。あの顔を前にして、メンチ切れるかな(笑)。
試合の方は亀田が1・2Rは好調な滑り出し。特に右ボディは有効、しかしこれで亀田は勝てると思って油断したか、深追いはしなかった。孫は立ち上がり動きが悪かったので、もっと序盤にダメージを与えておくべきだった。5Rあたりから亀田は孫の右ストレート、右ショートフックを度々喰らい、そこからは一進一退になる。そして10Rに回り込もうとした時に左フックをもらい、ダメージは浅かったもののダウンしてしまった。採点者が公平に採点したから防衛出来たが、2-1のスプリットで、1人は0.5点差で亀田という薄氷の勝利だった。0.5点差なんて、ニキ・ラウダVSアラン・プロスト以来聞いた事ねぇぞ!?それにしても亀田は左が伸びないね。以前の“ノーモーション”の切れのいい左はここのところ陰を潜めている。パンチもいつになくもらってしまった感じだ。今のままでは、モレノとのWBA統一戦や山中戦をやっても、敗色濃厚だろう。もっとも、“ノーモーション”の左が復活すればわからないが…。
一方、挑戦者の孫は、典型的な昔ながらのコリアンファイターだった。スタミナ・タフネス・連打があったものの、パンチ力・ディフェンス・スピードにいまいち欠け、勝利する事は出来なかった。顔はミニ竹原といった感じだった。
まあライバル王者の山中慎介は、捉えるのが難しいフットワーカー相手に9RのKO勝利と依然として絶好調なだけに、どうしてもこのところの亀田はよけいパッとしない感じである。まあ、実績は3階級制覇・WBAバンタム級8回防衛ともう十分な実績は残しているのだが…。今回の試合も、ボクシングというのは、必ず12R戦わなければならないスポーツではないですからね。今回は、前半挑戦者の孫が調子があがらないうちにラッシュすべきだった。孫は1・2Rはスキだらけだったから…。坂田健史の立ち上がりよりも悪かったね。当てるのが容易な相手はどんどん立ち上がりでもラッシュすべきである。それこそ、張正九かアーロン・プライヤーのようにだ!!まあコリアンファイターは自分のペースになってくれば、無尽蔵のスタミナを武器にどんどん手数を出して攻めて来るパターンが昔から多かった。今、韓国ボクシングは世界王者が数年いない衰退期となっているようだ。韓国国歌も久々に聞いたような気がする。さすがにメロディは全て覚えていたが…真のボクシングファンなら、メキシコ・タイ・韓国国歌のメロディは全て解るだろう。
私個人は、私の事情により今後もこのサイトでの出入りは少なくなると思われます。とはいえ、ちょくちょく視てはいます。
Posted by 川尻浩作 at 2013年11月23日 14:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。