2013年09月11日

9月11日 ダブル世界タイトルマッチ

9月3日


WBA世界L・フライ級タイトルマッチ
井岡一翔 7回KO クワンタイ・シスモーゼン(タイ)


ところどころ強いパンチをもらってしまう場面は見られたものの、概ね完勝と言ってもいいでしょう。パンチ
出てくる相手を迎え撃って倒すスタイルが現代ボクシングのトレンドですが、今の日本で、世界戦の中で自分から試合を組み立ててKOまでもっていける選手は、内山高志選手と、この井岡選手が双璧であると管理人は思っています。
世界戦で、相手に力を出させたうえで叩き潰すような試合を見せられる圧倒的な実力に脱帽です。演劇
誰が見ても強いと感じる王者でしょう。グッド(上向き矢印)
どこまで高みへ向かっていくのか、今後の動向から目を離せません。モータースポーツ


宮崎亮選手が防衛に成功したWBA世界ミニマム級タイトルマッチは、管理人がテレビをつけた時にはすでに8回が終了していたこともあり、コメントなしとさせてください。あせあせ(飛び散る汗)

posted by ティト at 23:30| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。