2013年05月08日

5月8日 ダブル世界タイトルマッチ

5月8日


WBA世界L・フライ級タイトルマッチ
井岡一翔 9回KO ヴィサヌ・ゴーキャットジム(タイ)


本当に強い。手(グー)
攻めてよし、守ってよし。
文句のつけようのない勝利です。手(チョキ)
管理人の採点では、KOするまでフルマークでした。ペン

ヴィサヌ選手も相当な強者で、伸びるパンチや柔らかいボディワークは素晴らしかったです。
井岡選手以外で、ここまで差をつけてヴィサヌ選手に勝てる選手はいないかもしれません。

カウンター狙いの待ちのボクシングでKOを狙う選手が多い中、井岡選手は、自分から試合を組み立てててKOできる希少な実力者です。
人気が出るのも当然でしょう。ぴかぴか(新しい)
ここからさらにどのような伝説を作っていくのか、わくわくしながら追いかけたいですね。位置情報



WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
宮崎亮 5回TKO カルロス・ベラルデ(メキシコ)


唐突なKO決着。パンチ
一瞬で勝負が決まってしまうボクシングの醍醐味を堪能できた一戦ですね。グッド(上向き矢印)

管理人の採点では、4回までで39−37でベラルデ選手がリード。
ボディの叩き合いに付き合うのは分が悪いかなあと思っていました。
5回に入り、宮崎選手が足を使ってリズムに乗り出し、パンチもスムーズで鋭くなってきたところでの強烈な左フックのカウンターが炸裂。どんっ(衝撃)
絵に描いたような一発KOでしたね。アート

ボクシングの組み立てという点では課題が残りましたが、終わりよければすべてよしといった感じで、とにかく爽快感のある試合でした。
宮崎選手の本領発揮は、次戦で見せてもらいましょう。右斜め上

posted by ティト at 22:49| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。