2012年12月31日

12月31日 ダブル世界タイトルマッチ(大阪)

12月31日


WBA世界L・フライ級タイトルマッチ
井岡一翔 6回TKO ホセ・ロドリゲス(メキシコ)


ほぼ完璧な勝利と言ってもいいでしょう。グッド(上向き矢印)

ボディでも顔面でもダメージを与え、完膚なきまでに叩き潰したような完勝でした。
シャープな左ジャブを間断なく繰り出し、多彩なコンビネーションで攻め込み、着実に相手の戦力と戦意を奪っていきました。
何より、カウンター狙いの待ちのボクシングではなく、自分から試合を組み立てたうえでのKO勝利は本当にお見事。
23歳にして、心技体の充実ぶりには目を見張るものがあります。ぴかぴか(新しい)
スーパーチャンプへの道を確かに歩んでいますね。
階級が上がり、パワーも大きく増している感じです。パンチ
素晴らしいパフォーマンスをファンに見せつけ、今年を締めくくってくれましたね。手(チョキ)
来年は、同級スーパー王者のローマン・ゴンザレス選手とのビッグマッチを期待します。イベント



WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
宮崎亮 12回判定(2−1) ポンサワン・ポープラムック(タイ)


管理人の採点は、114−113で宮崎選手の勝利。
要所で有効打をまとめた宮崎選手が、紙一重のポイント掴み取りましたね。

フットワークとスウェーを駆使する洗練された宮崎選手のスタイルですが、愚直に前に出て手数を繰り出すポンサワン選手の攻勢を持て余す場面が目立ちました。
30年前の日本式採点であれば、逆にポンサワン選手の勝利になっていたと思います。
機敏なフットワークを、バックステップに使うだけでなく、打つときの爆発力に生かせられるようになれば、確実にポイントを取れるようになりますし、KOも増えてくるはずです。
センス抜群の選手ですので、来年の防衛戦での成長ぶりに注目ですね。るんるん


上記と同日に行われたトリプル世界タイトルマッチは、管理人の地元岩手では明日深夜のテレビ放送になります。TV
田舎暮らしはつらい・・・。バッド(下向き矢印)
情報をシャットアウトし、ビデオ観戦しようと思っています。音楽

posted by ティト at 23:06| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。