2015年09月24日

9月22日 WBC世界バンタム級タイトルマッチ

WBC世界バンタム級タイトルマッチ
山中慎介 12回判定(2−1) アンセルモ・モレノ(パナマ)


管理人の採点は、116−112でモレノ選手の勝利。
結果は、2−1のスプリット判定で山中選手の勝利。
山中選手にとっては、薄氷を踏む思いの厳しい戦いだったと思います。

山中選手は、序盤いつもどおり、打たせずに打つことを念頭に、距離を取ってジャブとワンツーでポイントを奪いにいきました。
しかし、モレノ選手は想像以上に懐が深く、ジャブの刺し合いで山中選手が遅れをとってしまう場面が目立ちました。
やや劣勢の展開だと思いましたが、序盤4ラウンドの公式採点は、山中選手がリード。
中盤・後半は一進一退の展開でしたので、序盤のポイント差がそのまま勝負に直結した感じです。

モレノ選手は、さすがに一時代を築いた名王者ですね。
ここまで山中選手を空転させた選手は初めてでしょう。
パンチ力で見栄えがなかった分、ポイントを取りきれなかった感じでしょうが、当てる勘は抜群でしたし、距離感とボディワークを駆使したディフェンス技術は世界屈指だと思います。

山中選手選手は、この厳しい戦いを経験してまた一歩進化するきっかけをつかんだはずです。
管理人的にはこの試合はモヤモヤした感覚が残ってしまっていますので、両者の再戦実現を希望します。

posted by ティト at 19:38| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。