2015年01月01日

12月31日 ダブル世界タイトルマッチ

WBA・WBO世界S・バンタム級タイトルマッチ
ギジェルモ・リゴンドー(キューバ) 11回終了TKO 天笠尚


S・バンタム級最強王者と称されるリゴンドー選手に挑戦した天笠選手の闘志は見事でした。
顔を大きく腫らし、結果としては残念なTKO負けとなりましたが、7回には2度のダウンを奪うなど、王座に肉薄する戦いぶりでした。

リゴンドー選手は、さすがに攻防に隙のない素晴らしい王者でしたね。
長身の天笠選手は相当やりづらい相手だったと思いますが、試合全般を通じて主導権を握っていたように思います。
連打を許さないディフェンス技術に感心しました。
着実に相手のライフポイントを削っていくようなパンチの的確さも光りました。

勝負事は勝ってなんぼとはいいますが、天笠選手はこの試合で間違いなく名を上げましたね。
世界再挑戦をファンとして期待します。



IBF・WBO世界ミニマム級王座決定戦
高山勝成 7回TKO 大平剛


アクションの多い激しい打ち合い。
エンドレス連打が持ち味の高山選手が徐々に打ち勝ち、防戦一方となった大平選手を見てレフェリーが試合をストップしました。

高山選手のスタイルは一貫していますね。
軽快なフットワークに加え、ダッキング、ウィービングを駆使して肉薄し、多彩なパンチを休みなく繰り出します。
手数の多さは圧倒的です。
この選手と真正面から打ち合って打ち勝てる選手は世界でも見当たりませんね。

大平選手は、前に出てくる相手にカウンターを決めて効率よくクリーンヒットを積み重ねましたが、1発当てても3発返してくる高山選手の圧力に抗しきれず、徐々に防戦一方となってしまいました。
スタミナアップを今後の課題として、再び世界を目指してもらいたいと思います。

ベルトコレクター高山選手は、来年は統一戦と2階級制覇の両睨みのようです。
もっともっと多くの勲章を手に入れてファンを喜ばせてください。



フライ級ノンタイトル10回戦
井岡一翔 5回KO ジャン・ピエロ・ペレス(ベネズエラ)


ノンタイトルマッチとはいえ、元世界王者同士のレベルの高い攻防。
お互いの隙を狙い合う一進一退の展開でしたが、5回に右ストレートを決めて倒しきった井岡選手に軍配が上がりました。

井岡選手は、3階級制覇を賭けた一戦で手痛い一敗を喫した後、よりディフェンスに重点を置いたスタイルを選択するようになりましたね。
カウンターをもらう場面はないものの、波状攻撃で相手を攻め落とす迫力に若干欠けているように見えました。
相手の隙を待つのではなく、相手の隙を作り出す攻撃のバリエーションに磨きをかけることが、3階級制覇へのカギとなるでしょう。

ペレス選手は、ノンタイトル戦で戦う相手としてはかなり危険な選手でしたね。
ジャブの突き合いで井岡選手に引けを取りませんでしたし、打たれた後に必ず打ち返すしたたかさがありました。
ボディワークが柔らかく、パンチの威力を削ぐ技術にも感心。
12ラウンドまでもつれ込む展開になっていれば、おそらく接戦になっただろうと感じました。

カムバックロードを着実に歩む井岡選手。
2015年に3階級制覇を成し遂げるチャンスが必ず巡ってくるでしょう。

posted by ティト at 02:27| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月30日 トリプル世界タイトルマッチ

WBO世界S・フライ級タイトルマッチ
井上尚弥 2回KO オマール・ナルバエス(アルゼンチン)


井上選手の爆発力が炸裂。
相手に何もさせないままの圧倒的勝利でした。

速攻型の井上選手は、いつも通りに序盤から切れ味抜群のパンチで攻め込み、初回早々に右ストレートでダウンを奪いました。
その後も一方的に打ちまくる圧巻の試合運び。
文句のつけようのない勝利とはこのことを言うのでしょう。
世界タイトルマッチでここまで力の差を見せつけるられる井上選手には脱帽です。
飛び級の不安も全く感じさせませんでしたね。

ナルバエス選手は、攻防のレベルが高く、タフさも売り物の非常にしぶとい王者という印象でしたが、井上選手の勢いにすっかり飲み込まれてしまいました。
プロキャリアで初めての完敗だったかもしれません。

井上選手は、間違いなく世界のスーパースターになれる逸材です。
さらに進化しつつ、これからも偉大なキャリアを歩んでいくことでしょう。


WBC世界L・フライ級タイトルマッチ
ペドロ・ゲバラ(メキシコ) 7回KO 八重樫東


きびきびとした打ち合いの末のKO決着。
八重樫選手の3階級制覇は惜しくもなりませんでした。

持ち前のスピードでまずまずの立ち上がりを見せた八重樫選手でしたが、相手の長いジャブとストレートに苦しみ、なかなかペースを引き寄せられない展開。
ビッグパンチで局面を打開しようとしていましたが、手数で打ち負けて徐々にダメージが蓄積され、ディフェンスが甘くなったところで強烈な左ボディをもらってしまいました。

ゲバラ選手は、ビッグネームではないものの、攻防兼備の素晴らしい選手でしたね。
手数が多くコンビネーションも多彩、かつディフェンスもしっかりしていました。
今後、日本人選手の大きな壁になりそうな王者の誕生でしょう。

八重樫選手には、3か月前のローマン・ゴンザレス選手との激闘のダメージも考えられましたが、コンディジョン的にはそれほど悪くないように管理人には見えました。
コンディションというよりは、ゲバラ選手のパフォーマンスが予想以上でした。
しかし、研究熱心な八重樫選手のこと。
リベンジできる底力は十分です。
3階級制覇を是非成し遂げていただきたいと思います。


WBC世界ライト級タイトルマッチ
ホルヘ・リナレス(ベネズエラ) 4回KO ハビエル・プリエト(メキシコ)


実力者同士のレベルの高いせめぎ合い。
シャープなパンチで徐々にペースをつかんだリナレス選手が、4回に強烈な右ストレートを決めて見事3階級制覇を達成しました。

16歳で来日し、天才の名を欲しいままにしてきた逸材が、手痛い敗戦なども経験しながら3階級制覇の偉業を達成したことにまずは拍手です。
ハンドスピードの速さ、コンビネーションの多彩さは超一級品。
こういう素晴らしい選手が日本のリングで戦ってくれることに感謝ですね。

プリエト選手は、敗れはしたものの、リナレス選手相手に拮抗した試合展開でしたし、世界王者になれる十分な実力を秘めていると思います。
世界戦の舞台に再び立てる選手であることは間違いありません。

世界的に層の厚い中量級の主役の1人であるリナレス選手の試合を、もっともっと日本で見られれば嬉しいです。


ミドル級ノンタイトル10回戦
村田諒太 10回判定 ジェシー・ニックロウ(米)


ロンドン五輪ミドル級金メダリストで、WBCミドル級9位の村田選手が、KO勝利こそ逃したものの、明確な判定勝利でまた一歩世界戦への階段を上りました。

村田選手は、この日は手数を意識していましたね。
一呼吸置いての強打一辺倒ではなく、間断なく手数を出す試合運びを見せました。
ただし、コンビネーションの多彩さなどはまだまだ不足しているように思います。
相手のガードの隙間にねじ込むような多彩なパンチが見られるようになれば、世界はグッと近づくでしょう。
この試合は、10ラウンドを問題なくこなしたことが収穫。
あとはパンチの強弱にメリハリをつけ、相手に読まれないようなスタイルを身に着けてもらいたいです。
3発打って2発お返しをもらうような戦い方では、ミドル級の頂点を奪うには心許ない感じがします。

ここまで課題を少しずつクリアしながら順調にキャリアを積んできた村田選手。
来年中に世界王者となるような意気込みで、日々鍛錬していただきましょう。
スーパースター誕生を大いに期待しています。

posted by ティト at 00:11| 岩手 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。