2013年11月20日

11月19日 WBA世界バンタム級タイトルマッチ

11月19日


WBA世界バンタム級タイトルマッチ
亀田興毅 12回判定(2−1) 孫正五(韓)


管理人の採点では、115−112で興毅選手の勝利。ペン

全体的には的確にパンチを当てていた興毅選手ですが、孫選手の攻勢に押された見栄えの悪いラウンドも多かったです。
判定結果発表の前にテレビ中継が終わってしまい、アウェーということもあってもしものことがあったら嫌だなあとどきどきしながらニュースを見たところ、興毅選手の勝利ということでまずは一安心。
ペースを握りながらも相手の攻勢を許してしまうのは、前々からの課題である手数の少なさ故でしょう。
連打したらサイドに回りこみ、再び連打につなげる波状攻撃ができないところに、興毅選手が世界戦で苦戦が続いている原因が凝縮されているように思います。
足を使いながら手を出すことがなかなかできない、ワンパンチを当てた後に止まってしまい、いまひとつポイントを明確に取りきれないことに、フラストレーションが溜まってしまいます。
世界戦でそうそう思いどおりに戦うことはできないでしょうが、期待しているからこその苦言ということでご容赦ください。

孫選手は、ボディも顔面もまともに打たれる場面が多く、ダメージは相当あったと思いますが、一発でも当てると元気が盛り返ってくる感じで、持てる力を振り絞って攻めきりました。
決定的なパンチは当てることができず、あと一歩で勝利を逃しましたが、内容は僅差でしたし、再戦を見たいと思わせる力強い戦いぶりでしたね。
相手をロープに追い詰めてラッシュを繰り返す典型的なコリアンファイターで、管理人好みの無骨なスタイルです。

現在のバンタム級には、日本人の世界王者が3人います。グッド(上向き矢印)
統一戦を見たいと思っているファンは大勢いるはずで、管理人ももちろんその1人。
いろいろなタイプの選手と戦ってしぶとく勝ち上がる興毅選手、華々しく倒すボクシングを見せる山中選手、スピードスター和毅選手と、それぞれ素晴らしい王者達が今後どのような絡みを見せるのか、本当に楽しみですね。るんるん
まあ、亀田兄弟同士の対決はないでしょうけど。

posted by ティト at 02:32| 岩手 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。