2013年04月13日

4月8日 トリプル世界タイトルマッチ

4月8日


WBC世界バンタム級タイトルマッチ
山中慎介 12回TKO マルコム・ツニャカオ(比)


なるべくリスクを犯さない、細心のボクシングを展開しつつ、最後にKOで決める理想的な展開での王座防衛となりました。位置情報

山中選手は、長いジャブを主体に、時折強烈な左ストレートを交えるスタイルで、距離をキープしつつポイントを積み重ねていきました。
この選手の良いところは、非常に冷静で深追いしないところ。ペン
確実に仕留められる場面以外は、がむしゃらに前に出て相手のお返しをもらうような戦い方は選択しません。
微差のラウンドを制してポイントを積み重ねられる確実性の高さが光ります。
まずポイントで先制し、焦って前に出てくる相手から確実にヒットを奪うスタイルでKOを量産するわけですから、対戦相手からすると本当にやりにくい難攻不落の王者でしょう。手(パー)

これからもこのスタイルで戦っていけばよいと思いますが、ポイントを先行される展開からの戦い方にも興味があります。
山中選手を追いつめられる選手が世界に何人いるのか、興味は尽きません。
個人的に、亀田兄弟との激突を見たいです。



WBC世界フライ級タイトルマッチ
八重樫東 12回判定(3−0) 五十嵐俊幸


日本人好みの壮絶な打ち合い。爆弾
飛び級で階級を上げてきた八重樫選手が、意外にもパワーで打ち勝って大差の判定をモノにしました。
管理人の採点では、116−109で八重樫選手の勝利。
派手なワンパンチに加え、手数でも八重樫選手が上回っていました。

五十嵐選手は、序盤からの目の上の出血の影響か、体格のアドバンテージを生かすための距離感がいまひとつで、ショートレンジでの打ち合いに巻き込まれてしまったのが誤算でしょう。

岩手県人の管理人は、申し訳ないと思いつつ、同郷の八重樫選手を応援していました。モータースポーツ
岩手県人初の世界王者である八重樫選手は、岩手県人初の2階級制覇王者となりました。手(チョキ)
同県人として本当に誇らしいです。ぴかぴか(新しい)
3階級制覇も視野に入りましたね。



WBC世界S・フェザー級タイトルマッチ
三浦隆司 8回TKO ガマリエル・ディアス(メキシコ)


三浦選手のパワーと、ディアス選手のテクニックの競演は、パワーがテクニックをねじ伏せる結果となりました。パンチ

立ち上がり、三浦選手のハードパンチを巧みにいなし、こつこつと当ててくるディアス選手のうまさが目立つ展開。
三浦選手の減点もあり、この試合は厳しい戦いになりそうだと思いましたが、2回からボンバーレフトがヒットし始め、一気に押せ押せムードに。グッド(上向き矢印)
一発ヒットするたびに効いたそぶりを見せるディアス選手は、どんどんじり貧になり、中盤からは防戦一方。
ついに8回、思い切り踏み込んだ三浦選手の左ストレートがクリーンヒットすると、ディアス選手はもんどりうってダウン。ダッシュ(走り出すさま)
そのまま試合終了となりました。

これぞまさにスカッとする勝ち方。
今後もこういう戦いで勝利を積み重ねていけば、ファンの人気もますます上がっていくでしょう。右斜め上
WBA王者内山高志選手との統一戦をぜひ見てみたいです。

posted by ティト at 23:23| 岩手 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

4月7日 WBA世界バンタム級タイトルマッチ

4月7日


WBA世界バンタム級タイトルマッチ
亀田興毅 12回判定(2−1) パノムルンレック・カイヤンハーダオジム(タイ)


管理人の採点は、116−112でパノムルンレック選手の勝利。
正直、興毅選手にとって幸運ともいえる薄氷の勝利だったように感じました。あせあせ(飛び散る汗)

立ち上がり、相手の様子を見ながらカウンターを合わせるタイミングを探る興毅選手の調子は悪くないと思いましたが、2回にパノムルンレック選手の左アッパーを立て続けにまともにもらってから一気に失速。
足も上体も動かなくなり、右ジャブを安易にもらってしまう展開でポイントをどんどん失っていきました(管理人の採点では)。
ガードの間から何度も左アッパーをヒットされる場面も非常に目立ちましたね。
ダメージは相当あったと思います。
それでも、中盤から後半にかけ、単発のボディをヒットさせて攻勢をとる場面があり、これがオフィシャルの採点で勝利を引き寄せたのだと思います。
唯一の敗北を喫したポンサクレック選手との試合以来の苦しい戦いだったと思いますし、興毅選手自身も不本意な内容を自覚しているようです。

ファンだけではなく、本人もこれで決着がついたとは思っていないはず。
再戦は必至でしょう。ダッシュ(走り出すさま)

posted by ティト at 23:57| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。