2011年12月31日

12月31日 WBC世界ミニマム級タイトルマッチ

12月31日


WBC世界ミニマム級タイトルマッチ
井岡一翔 1回KO ヨードグン・トーチャルンチャイ(21)(タイ)


特にコメントの必要のない、完璧な勝利でした。決定
相手をよく見て、コンビネーションで最適なパンチを当てる勘の良さが際立ちましたね。パンチ
まったくタメージを受けずに試合を終えましたし、次の試合をすぐに見たいと思うのが多くのファンの気持ちでしょう。猫

管理人としては、WBA王者の八重樫東選手との統一戦を是非見たいです。わーい(嬉しい顔)
来年への希望が増す、大晦日の見事なKO勝利でした。モータースポーツ

posted by ティト at 20:10| 岩手 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

12月7日 ダブル世界タイトルマッチ

12月7日


WBA世界バンタム級タイトルマッチ
亀田興毅 4回KO マリオ・マシアス(メキシコ)


まあ、誰が見ても文句なしの勝利でしょう。グッド(上向き矢印)

パンチを一発当てるたび、着実に相手にダメージを与え、戦意も奪っていった感じです。
バンタム級王者として、重厚感が一際増したような気がします。
来年へ向け、素晴らしいパフォーマンスをファンに見せつけ、今年を締めくくってくれましたね。手(チョキ)
今回の出来については、多くを語る必要はありませんよね。



WBA世界S・フライ級タイトルマッチ
テーパリット・ゴーキャットジム(タイ) 12回判定(3−0) 亀田大毅


管理人の採点は、116−112でテーパリット選手の勝利。
手数の差が結果として出ましたね。

大毅選手は、階級アップで体がよく動くと自信を持って試合に臨んだようですが、正直単調で緩慢な動きに終始していました。
得意とする真っ向からの打ち合いでも、テーパリット選手の回転の速い多彩な連打に打ち負ける場面が目立ちました。
時折単発の強打を当てて見せ場は作りましたが、接近戦で頭をつけるだけで手を出さない時間が長く、安易に相手に打たせすぎましたね。
守勢にまわる時間が圧倒的に長い展開では、たまに良いパンチを当てる程度ではポイントはなかなか取れません。
手数の少なさは前々から指摘されていることですし、試合を制するための工夫というか、学習能力が足りなかったと言わざるをえないでしょう。
ちょっと厳しめのコメントになりましたが、これは期待の裏返しです。ダッシュ(走り出すさま)
世界に通用するパワーの持ち主ですし、必ず2階級制覇できる選手だと思っていますので、さらなる精進を期待しています。ペン


ダブルタイトルマッチの前には、亀田和毅選手の試合が行われましたが、亀田3兄弟中随一の才能との評判もうなずけるパフォーマンスを見せてくれました。演劇
兄達にはない軽快なフットワークの持ち主で、体重移動も非常にスムーズですよね。
動き自体はすでに世界王者級と言ってもいいでしょう。
バンタム級近辺の階級の世界王者達にとって、脅威の存在であることは間違いありません。
来年中にはベルトを巻いている可能性が高いであろうと管理人は思っています。位置情報

posted by ティト at 00:24| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。